HMBとカルニチンの違いとは?ダイエットに効果的なのはHMB

HMBとカルニチンの違いとは?ダイエットに効果的なのはHMB

HMBとカルニチンの違い

 

HMBとカルニチン。

 

どちらも脂肪燃焼に効果がある成分ですが、どちらの方がダイエットに効果があるのか紹介していきます。

 

結論から言うと、HMBの方が脂肪燃焼だけでなく筋肉増強効果もあり、痩せやすいカラダを作ることができますよ。

 

 

それでは、HMBとカルニチンの違いについて詳しくみてみましょう。

 

HMBについて

 

筋肉増強に効果的であるというイメージがあるHMB。HMBについてあまり詳しく知らない方も多いのでHMBとは何か?について簡単に解説します。

 

HMBとは、「3-ヒドロキシイ吉草酸」のことで必須アミノ酸のひとつである、ロイシンから体内で生成される成分の事です。

 

HMBには、運動や筋トレ時における筋肉の分解抑制を促すとともに、筋肉量を増加させる働きがあります。

 

さらには、筋肉の分解抑制が低減される事から、筋繊維損傷の回復も早まります。そのため、何も摂取してない状態よりも高い負荷をかけたトレーニングが行うことができ、効率的に筋力増大効果が期待できます。

 

 

また、HMBはタンパク質を筋肉に変える量を増やす効果があるのと同時に、脂肪燃焼効果も高い成分となっています。HMBがダイエット効果が高いと言われている要因が脂肪燃焼効果があることです。

 

 

カルニチンの働きについて

 

カルニチンの主な効果は、脂肪を燃焼させることです。

 

現在市販されているダイエットサプリにもカルニチンを配合したものが多いです。カルニチンを摂取することによる脂肪燃焼のメカニズムを解説します。

 

 

はじめに、脂肪が燃焼する流れとして、中性脂肪が分解されて遊離脂肪酸という物質に変化します。

 

 

遊離脂肪酸は血液に溶け込み、血液の流れに乗って各細胞内に存在するミトコンドリアという細胞内構造物に取りこまれる事によって、脂肪燃焼を促してくれます。

 

 

細胞内に入った遊離脂肪酸をミトコンドリアまで運ぶ役目を担っているのがカルニチンになります。

 

カルニチンが体内に多く存在する事で、遊離脂肪酸はミトコンドリアの中に取りこまれやすくなるためにより効率的に脂肪燃焼を促してくれる事になります。

 

このプロセスがいわゆるダイエット効果に繋がるといわれる由縁です。

 

ただし気を付けたいのが、カルニチンを摂取しただけでは痩せる事はできません。カルニチンのダイエット効果を導くためには、適度な有酸素運動を取り入れるなど中性脂肪を遊離脂肪酸に分解させる事がポイントになります。

 

 

ダイエットに効果的な成分はHMB

 

では、ダイエットにより効果的な成分はHMBとカルニチンどっちなのかというと、HMBの方がダイエットに向いています。

 

HMBには、筋肉量増加および体脂肪率の低下が期待できる事や、忙しくて限られた時間しかトレーニングできないといった忙しい方でも短期間で効率良く理想の体型とスタイルを手に入れることをサポートしてくれます。

 

 

脂肪を減らすだけでは、本当のダイエットは成功しません。筋肉を付けて基礎代謝を上げることで痩せやすいカラダを作るのが理想ですね。

 

 

↓HMBサプリおすすめランキングはこちら↓

男性用hmbサプリランキング

 

↓HMBサプリ女性用おすすめランキングはこちら↓

女性用hmbサプリランキング