HMBを飲んでも便秘にはならない。プロテインとは違う理由とは

HMBを飲んでも便秘にはならない。プロテインとは違う理由とは

HMB 便秘

 

「HMBを飲むと便秘になっちゃうんじゃない?」

 

HMBはタンパク質の塊であるプロテインと違い、たくさん摂取したとしても便秘にはなりません。

 

ここでは、HMBを飲んでも便秘にはならない理由とプロテインとの違いについて紹介しています。

 

 

プロテインを飲むとなぜ便秘になるのか

 

私たちの大腸の中には、腸内環境を良くする善玉菌(ビフィズス菌など)と、悪くする悪玉菌(ウェルシュ菌など)が存在しています。

 

 

筋肉増強に欠かせないプロテインですが、プロテインはたんぱく質を粉末状にしたサプリです。

 

タンパク質は悪玉菌が好んで餌にするため、腸内の悪玉菌が優勢になり、便が固く、黒くなり腐敗し、便秘を引き起こしてしまいます。

 

プロテインの摂取直後にお腹が張るような感覚がするのは、プロテインの消化時に悪玉菌が発生しているからなのです。

 

また、プロテインの過剰摂取は、直腸に固い便がたまる直腸性便秘になりやすいことが分かっています。

 

 

HMBを飲んでも便秘にならない理由

 

HMBは、正式名称はβ-ヒドロキシ-β-メチル酪酸といいます。

 

ロイシンは体内でHMBとして代謝されたあと、筋肉や骨格を構成するのにつかわれます。

 

つまり、ロイシンを摂取してもHMBは得られるわけですが、ロイシンを飲むよりも直接分解済のHMBを飲んだ方が効率がよいため、サプリメントには分解済のHMBそのものが使用されています。

 

HMBはプロテイン以上に体づくりには重要なのですが、前述のようにHMBはプロテインと違ってすでに分解されている成分です。

 

腸内細菌による分解の過程がなく、スムーズに小腸から体に吸収されるため、HMBを飲んでも便秘にならないのです。

 

 

プロテインとHMBの違いのまとめ

 

プロテインとHMBの違いをまとめました。

 

  • プロテインは腸内環境を悪くするタンパク質の塊のため、過剰摂取により便秘になりやすい。
  • HMBはアミノ酸の一種であるロイシンが体内で分解されて生じる物質であり、細菌による分解工程がないため、腸内環境が悪くなることはない。

 

このようにHMBを摂取しても便秘になる心配はありませんので、プロテインを飲むと便秘になって困っていた人でも安心してHMBを飲むことができますよ。

 

 

↓HMBサプリおすすめランキングはこちら↓

男性用hmbサプリランキング

 

↓HMBサプリ女性用おすすめランキングはこちら↓

女性用hmbサプリランキング